プレスリリース

プレスリリース

2014年07月25日
有限会社エムツー

「E-mote」と「モーションアサイン技術」による2Dキャラクターの革新的な立体表現に向けて有限会社エムツー、MUGENUPと業務提携を開始

有限会社エムツー(本社:千葉県我孫子市、代表取締役社長:堀井 直樹、以下『エムツー』)は、株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:一岡 亮大、以下『MUGENUP』)と6月30日に業務提携契約の締結を行いましたので、お知らせいたします。本提携により、2Dキャラクターが立体的に表現される、この革新的な技術をスマートフォン向けゲーム・アプリ制作の業界内において、強く浸透させることを両社ともに目指してまいります。

エムツーの提供する『E-mote』とは

エムツーが提供する「E-mote(エモート)」は、キャラクターの2Dイラストを元に滑らかで立体的なアニメーションを作成することができるエムツー独自のグラフィックエンジンです。立ち絵のキャラクターの表情、向き、手足を簡単かつダイナミックに動かすことができ、3Dモデルでは難しいイラストの質感をそのまま再現することが可能です。また2014年6月に正式リリースされた「E-mote3.0」でのPSDファイル一括インポート機能の実装により、2Dイラストからのアニメーション制作がさらに簡単になり、フリーウェア「E-mote Free Movie Maker(えもふり)」によってSNS向けのアニメGIFを手軽に作成できるようになりました。

MUGENUPの提供する『モーションアサイン技術』とは

モーションキャプチャー技術や独自に開発した画像解析技術により、キャラクターをリアルタイムで動かすことに成功した夢の技術です。モーションアサイン技術を用いることで、E-moteによるゲームの2Dアニメーション制作のさらなる工数削減を支援してまいります。

両社の技術による相乗効果

 E-mote技術による2Dキャラクターの立体表現と画像解析によるモーションアサイン技術のコラボレーションは、2Dキャラクターが目の前におり、手に届く存在のような表現が可能となりました。2Dキャラクターの目線や、呼吸による息づかい。そういった、細かい表現の1つ1つをリアルタイムに表現することができるこの技術は、2Dアニメーションの世界にとって、新しい一歩となるでしょう。国内のスマートフォン向けゲーム・アプリ開発企業のご担当者様からのお問い合わせをお待ちしております。

会社概要

有限会社エムツー

有限会社エムツーは、テレビゲーム制作を通じて「面白いとは何か?」を追究し、娯楽という形で人々の生活を豊かにする事を目指す制作集団です。新作オリジナルゲーム制作や新旧タイトルの他機種同時移植、懐かしい過去の名作のテイストを残したまま、新作として蘇らせるリボーンゲーム制作。2Dキャラクターのイラストの質感を残したまま滑らかに立体的に動かすエンジン『E-mote』の開発など行っております。

株式会社MUGENUP

株式会社MUGENUPは「クリエイティブを科学する。」をミッションとし、コンテンツ制作時に発生する煩雑な制作の管理、リソース確保のシステム化、制作支援ツールの開発 ・ 提供を行っております。2012年に開始したクラウドソーシング事業では、日本・中国・台湾を中心とした様々な得意分野をもつ国内外のイラストレーター・3DCGクリエイター18,000人をネットワーク化し、プロジェクトごとにクラウド上でチームを組み、分業制でコンテンツを制作するクラウドソーシングプラットフォームを提供しております。2014年に発足したエンターテイメント事業部では、ライブコミュニケーティングアニメーションをはじめ、弊社のクラウドソーシングプラットフォームを用いた新しい3DCGコンテンツの制作・開発を行っています。

関連ページへのリンク

本件に関するお問い合わせ先

有限会社エムツー 〒270-1143千葉県我孫子市天王台二丁目9番2号3階

URL: http://www.mtwo.co.jp・Mail: info@mtwo.co.jp・Tel: 04-7183-4078

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP ▲