プレスリリース

プレスリリース

2012年02月23日
有限会社エムツー

3DSバーチャルコンソールゲームギアに関する技術提供について

有限会社エムツーは、株式会社セガへ技術協力を行ない、任天堂株式会社の携帯ゲーム機ニンテンドー3DSTMのコンシューマーゲーム配信サービス『バーチャルコンソール』へ、統合シェルおよび携帯ゲーム機ゲームギアの移植環境の提供を行ないました。

 ゲームギアとは、1990年に株式会社セガにより開発・発売された携帯ゲーム機です。ゲームギアは当時の携帯ゲーム機としては、破格のカラー液晶と明るいバックライトを登載したマシンでした。カートリッジ式の携帯ゲーム機という存在自体ががまだまだ黎明期であった当時、ゲームギアの美しい液晶画面は子供達に衝撃を持って受け入れられました。

 ゲームギアは持ち主の優越感を強く刺激するゲーム機でした。家庭用ゲームハードメーカーが鎬を削って競争を繰り広げていた時代、プレイヤーの心も常にメーカーと共にありました。単3電池6本での稼働時間は2時間程度、現在の基準で見ると残像の目立つ液晶、あまりに時代を先取りした仕様のためどこまでもピーキーなゲーム機でしたが、そんな欠点すらも何故か愛着に変わってしまった事を当時のオーナーは覚えている事でしょう。

 そうした経歴を持つゲームギアと言う携帯ゲーム機が、時代を経て任天堂の最新携帯ゲーム機ニンテンドー3DSTMの中によみがえる事には、当時のゲームプレイヤーであれば誰しも深い感慨を覚える事でしょう。弊社はこのような名誉ある仕事に関われた事を誇りに思います。

 今回弊社は、ゲームの途中中断やキーコンフィグといったバーチャルコンソールプラットフォームとしての基本的な機能を統合シェルの機能を利用して実装したのに加え、『今の技術で過去と未来をつなげる』社是にのっとり、最新鋭携帯ゲーム機ニンテンドー3DSTMの中にゲームギアを『当時の思い出ごとまるごと再現する』事を試みました。

 ゲームを起動したら、画面設定を変更してみて下さい。ゲームギア独特の丸みを帯びたフォルムがニンテンドー3DSTMにしか為しえない立体的な表現で画面上に浮かび上がり、当時の目立つ残像そのままにゲームのキャラクター達が画面内を飛び回るのをあなたは目撃するでしょう。まさに『まるごとゲームギア』。当時、ゲームギアを所有していたあなたは懐かしさに浸り、持っていなかったあなたはこんなゲーム機もあったのだという歴史をぜひ心に刻んで下さい。

 弊社は今後とも、懐しい過去のゲームをプレイヤーの思い出と共に現代によみがえらせるため、より一層の技術開発に努めて参ります。

関連ページへのリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP ▲